シアリスの副作用について

シアリスはバイアグラ、レビトラに続き誕生したED治療薬です。一般名はタダラフィルで、日本イーライリリー株式会社より2007年より販売が開始されています。ED治療薬としては一番最後に誕生したシアリスですが、バイアグラとレビトラをより効果的にしているため最も利用しやすいとして世界100カ国以上で使用され、その結果、世界シェアNo1のED治療薬となっています。

シアリスの副作用については、偏頭痛や顔が赤くなる、ほてるなどで、シアリスを服用した人のうち20%ほどにおいて発生しています。その他にも、めまい、鼻水、鼻ずまり、消化不良、腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、発疹が起こる場合もあります。

偏頭痛や顔が赤くなるのよんな症状の原因は、シアリスの有効成分であるタダラフィルの効果で、血管が拡張されその効果が全身に発生しているからです。シアリスの効果がしっかりと効いている証拠だと思ってください。

もし、ひどい頭痛や吐き気などあった場合、まず医療機関で購入した本物のシアリスであるか確認してください。それほどシアリスの副作用は軽く、発生率も少ないのです。極稀にですが、過敏症(蕁麻疹や発疹)が発症することがあります。この症状は薬剤アレルギーと考えられますので、すぐに服用を中止し、早めに医療機関を受診してください。

シアリスの副作用は体の状態によって決まります。服用の際には医師の診断をよく聞き、用法用量を守って服用しましょう。もし、こうのような副作用を発生するかどうか感じる場合はすぐ病院で診察を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です