ED(勃起不全)の原因は?

ED(勃起不全)は、男性ならいくら健康でもそうではなくてもいつ起こるか分からない病気です。その症状は、男性の性器の周辺にたくさん流れる血液の量が少ないことが原因で起こります。そのうえ男性の性器の周りには勃起する力を抑えてしまう酵素もあり、勃起を長く保たせないよう働きます。ED治療薬は、その酵素の働きを何より抑えて、たくさんある血管を拡げる働きもします。

勃起をするためには、脳の役割が大きく関与します。脳は勃起できるよう身体各部位に働きかけます。性的な刺激や興奮などの情報を脳が受け取り処理して陰茎に伝達します。そのときに必要な機能を果たすのが神経です。性的な情報が伝達され陰茎に血液を溜まり勃起という状態なるため、陰茎とその周辺の血管の働きも必要です。さらに血管が上手く働いても血液をしっかりと溜めれなけばならないため、特に陰茎海綿体が正常に働く点も重要です。

性的な情報を伝達する神経、陰茎周辺の血管の働き、陰茎海綿体の働きが活発になれば、EDの症状は悪化することもなく改善されます。EDは、よく勃起を全くしない症状のみと受け取りがちですが、それだけでなく、性行為中に硬さが十分に保てない、硬さが維持できないなどのさまざまな症状が含まれます。

勃起の維持ができない場合、症状とは別に性行為の相手も満足できていないことが非常に多く、性的な機能に問題がありED症状が起こるので、心身ともにしっかりとケアする必要があリます。

ED(勃起不全)の原因

EDになる原因には大きく4つ特性があり、EDの症状を引き起こすと考えられています。

機能性ED

機能性勃起不全や心因性勃起不全とも言われており、若年層に多くみられます。精神的な原因で起きるEDです。例えば、人間関係や仕事などで大きなショックを受けたり、悩み、プレッシャー、ストレスなどが原因です。

器質性ED

身体に起こった障害や異常により起こるEDです。事故や災害などで大きな傷を負ってしまい神経に障害が起こったり、血管などに影響が出たりした状態が分かりやすいです。傷の程度により異なりますが、神経や血管に大きな傷ができた場合、治療だけの回復は難しいとされています。肥満や動脈硬化、加齢なども器質性EDです。

薬剤性ED

薬を服用した際に副作用で起こるEDです。薬の服用だけでない場合も多くあるので、それぞれの原因を特定するにも判断できないことも多いです。服用している薬がある方は、一度医師に相談してみましょう。

混合性ED

いくつかの原因が重なって起こるEDです。機能性EDと器質性EDが絡んだEDの症状が多いと言われています。人によって原因がさまざまな事情から起こっているため、EDというよりも抱えている悩みに問題があるので、実際よりも混合性EDに悩んでいる方は多いという医師もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です